野菜のお話に続いて、お肉のお話しを少し


 

 

 

image

 

 

動物食も過度になるとphの酸性化や腸内菌の減少に作用するケースがあります。

 

 

便秘にもなりやすい。

 
それぞれの植物には様々な栄養素、毒素が存在していて

 

 

それらのバランスが取れたとき人体の生理機能が正常化する方向に向かう。

 

 

一方で、

 

 

 

極端に菜食主義にこだわるとアミノ酸が不足してウツに似た症状を経験する人も出ます。

 

当たり前のことですが、

 

 

 

色々な考え方を学んで、自分なりに融合させて、バランスのとれた現実を創造するのがとても良いと思うので

 

 

肉を食べたいときは、

 

できるだけ良い肉、

 

 

汚染されていない抗生物質や成長ホルモンを使用されていない餌が穀物に偏りすぎていない、

 

 

 

病気をしていない強くて若くて元気な牛を殺してすぐの新鮮な肉を選んだ方がいいよ、

ということです。

 

 

 

私はお医者様でも学者でもありません。

私個人の見解です。

 

 

 

 

しかし、写真のお肉 (牛肉です)

 

 

部位と等級は違えど

 

 

同じ生物でこんなに違うものかと思う(赤身と刺し)

 

 

 

※ 今日のポイント

バランスよく食べること (^_^)v