月別アーカイブ: 2016年7月

コーンスープとご飯は黄金の組み合わせ⁈

 

 

 

 

 

image

ファミリーレストランに行くとパンかライスのチョイスに迫られる時がある。

 
例えばコーンスープ。洋風のスープだ。

 

 

その相棒はやはり僕なら絶対にパンを選ぶ。

 

 

スープとご飯。

少し考えただけでも胸が悪くなってくる。

 

 

でも、それはやっぱり育った環境とゆうか、

 

 

 

食文化とゆうか固定観念というか先入観というか、、、

 
正解と言うものはなく個人の自由ではあるけれど、

 

 

 

食に携わる一料理人として、
食に関わるマナーやルールを学び継承していく義務はあると思う。

 

 

なので、西洋と東洋のマナールールは当然違う。
グローバル化が進み和洋折衷もいいが、
批判もあるし否定もしたい。

 
西洋と東洋の区別をしっかりとし、
分け入って学ぶ必要がある。

 
子供たちが
初めから折衷を学ぶと

 
全てをミックスしてしまうと
大げさだが取り返しがつかなくなるかもしれない。

 

 

 

 

コーンスープをズルズルと音を立てて、
器に口をつけて飲んだり。

 

 

 

ヨーロッパの人は「すする」ということが、
まず出来ない。

 

 

 

だから音をたてて飲む事はありえない。

 

 

そして器に口をつける事はマナー違反で、汚いと言われる。

 

 

 

 

むずかしい事かもしれないし、
子供たちには理解できないかもしれない。
(いや、大人でも無理か⁈)

 

 

 

ラーメンやそば、うどん、お味噌汁等は音を立てたり、

 

 

 

喉で食べるものだとよく言う。

 
パスタやスープは口をつけて食べてはいけないし音を立ててもいけない。

 

 

誤解を恐れずに言うなら

それをなんとか子供たちに、、

 

 

 

いや、大人にも、教えていきたいことだと思うのだが、、、
子供のしつけを他人がすると言うのは親にしてみれば決して気持ちの良いことじゃないかもしれないし、

 
大きなお世話か。。
でも、それは考え方次第。

 

 

 

マナーやルールは
しっかり、大人やプロから学んだ方が良いと思う。

 
野放しというか、、
正しくしつけないと、

 

 

 

犬や猫レベルの人間に出会ったことが、ある。

 

 

事実、ある。。。

 
実は、料理人は食べ方が下手な人が非常に多い。
恥ずかしいことだ。

社会に出れば、もう親の責任では無い。
全ては自分で責任をとらなければいけない。

 

 

 

すなわち、自分で、「気付ける」かどうかだ。

 
食にまつわることについては
大人になると結構、人には注意しづらい面も多々あるでしょう。

 

 

 

誰からも注意されない。
誰も言ってはくれない。
人は、

食べ方が気に入らない人のことを

 

生理的に受け付けないと思う。

 

 

 

大げさだけど、
あまりに極端に
下品で、常識のない食べ方が

 
人生を、出世を、左右するとしたら?

 

 

 

と、本気で思っている。

コーンスープとご飯の組み合わせも

 
単なる、脳内イメージだ。
合わないわけはない。

 
ごはんにバターを入れてバターライスにすれば

 

何も問題はない。。はず。。

 

 

 

先入観は罪、固定観念は悪と、ノムさんは
いっていたけど、

 
まさにその通り。

しかし、
これから、正しく、整理していかないと
いけないと思う。

 

 

 

むずかしい問題かもしれないね。

 

 

あなたはどう思う?