【非常識を常識に変えるために腹をくくる覚悟がある】


 

【非常識を常識に変えるために腹をくくる覚悟がある】

反省です。。

🇫🇷新神戸フレンチ🇫🇷
オーボンコアンの泉です。

ゴールデンウイークど真ん中です。
たくさんのお客様にご来店頂いています。

それと、、

たくさんのお問い合わせも頂いています。

お問い合わせの質、というか
種類が変わって来ました。

それは、
いろいろな特典、サービスや
優待券などなどについてです。

そりぁ、お客様も迷い、悩みますよね。

だって、お客様のその反応、
お問い合わせに
当店も、混乱したくらいですから。

オーナーの私も、
ついウッカリ、
「そのサービスはなんだっけな?」
「何と何があっただろう?」と困惑❗️

サービスプランを出し過ぎ、
お客様にも説明不足で
きっちり伝わっていないことが判明(汗)

伝わりづらかった事が原因です。

反省です!

そもそも、なぜこのような
お得すぎるサービスプランばかり
出す様になったのか?

それは、
当店の理念

『僕のお店はお客様のためだけにある』

この理念を掲げ、、

でも、本当に、いま、

『お客様のためだけ』を考えているのか?

と、自問自答すると
とても不安になったのです。

これじゃ、
オープン当初と変わらないのではないか?

〜〜〜〜〜〜〜continues 〜〜〜〜〜〜🎵

オープンした12年前
「場所なんて関係ない。
どこでやろうが俺の店は繁盛する。」と

本気で思っていました。

当初、数ヶ月は赤字経営で
家賃や光熱費を払うのが精一杯。

でもやがて
雑誌やテレビのマスコミの援護射撃を受ける様になり、

あっという間に、満席が続き
繁盛店の仲間入り(^^;

毎月、取材に追われて
プレッシャーに押し潰されそうになり

ストレスから、
仕事中に
全身に湿疹が発症しダウン。

深夜に救急車で2度運ばれました。

でも、充実した毎日でした。

当初の評価も自分の本意でもあった。

前衛、パンク、アバンギャルド、
異端児、爆走戦車、ピカソ、変態(笑)

などなど、

または、

帝石破り、基本を無視、
基本がなってない、邪道、料理の冒とく

賛否両論あったけど
すべて嬉しかった。

人と違う事が
たまらなく嬉しかった。
快感だった。

ーーーーーーー
幼少の頃の反動
ーーーーーーー

幼少の頃は
人と違う感覚がコンプレックスで

常識がなく
加減を知らず
バランスが悪く
無神経で、
人を傷つけても、傷ついても
気づかない。
極端すぎる人格に、、、

劣等感の塊でした。

でも本当の意味で気付いたのは
社会人になってから。

料理の修業の道に進み
やがて、そのコンプレックスが
コンプレックスとなり

劣等生となっていきました。

どこへ行っても
邪魔者扱い。

1ミリや1グラム単位の仕事に
失敗は1度も許されない様な
想像を絶する調理場は
まさに戦場。

そんなところで
通用するはずもない。
コンプレックスは
消えない。
無くならない。

絶望感
劣等感
喪失感

ある時、修業の場とする店を辞めて
他の店に移る時

今でも忘れられないシェフの一言がありました

「まぁ、、その、、ん~、なんやなぁ、、
きっと、
自分がどれだけ仕事ができる様になったかは、次の職場に行けばわかる。

きっと、お前が一番や。
お前より仕事ができる奴は次の店にはいない。
断言してやる。」

と、言われたものの、、

当時は、

「ふ〜〜ん」

そんなもんかなぁと思っていた程度ですが

実際、次の職場では、

やはり、

シェフの、、

いう通りの、、

ダントツでした(笑)←そこは謙遜なし(笑)

〜〜〜〜〜〜〜continues〜〜〜〜〜〜〜🎵

それからというもの、
謳歌しまくり(笑)

いやいや、
実力以上のものが個性と共に
発揮しまくり。

それからは、
人と違う事に快感を
覚えるようになりました。

そのまま、20代を駆け抜け30代へ

フランスへ渡り
帰国して、シェフになり、結婚して、
自分の城を構え。。

目標も目的も明確で
すべて予定通りに人生が進んだ30代。

勢いに乗った独立当初
「イヤなら来なくていい」
そんなスタンスだった。

自分の作りたい、食べたい、
料理だけを作っていた。

ホームランを打つ日もあれば
三振の日もある。

その賛否両論も快感で。。

でも、お客様は
本当は、いつ出るかわからない
一発のホームランよりも

コツコツとヒットを
積み重ねる安定を
料理に求めているんだ!
と気付いたのは、、

もう、お客様が去った後でした。

一発屋の新庄(古い? 笑)ではなく
アベレージヒッターのイチローのように。

いったい、なんのために?
誰のために?
料理を作っているのだろう?

食べてもらいたい料理が
ここにある。

でも、
食べてくれるお客様がここにいない。

ここにあるけど、ここにいない。。

オレの存在価値は?

お客様がそこにいないという事は
評価がないという事だ
必要とされていないという事だ

こんなはずじゃなかった
こんなはずじゃなかった
こんなはずじゃなかった。。

これからは
お客様が求めているものを
作ろう。

お客様が食べたいものを作ろう。
お客様と同じ方向を見よう。
お客様と同じ方向へ
歩んで行こう。

そう思うようになっていきました。

おかげさまで
昔みたいに
怪訝そうな表情をされる方も
料理を残す方もいなくなりました。

一方で、
ホームランを期待して来る
お客様は拍子抜けするみたい(^^;

むかし、こんな事もありました。
🎵〜〜〜〜〜continues 〜〜〜〜〜〜〜🎵

常連客の音楽関係のお客様が
クリスマスに来店された時

「シェフはチャレンジャーやね〜。
レストランのクリスマス料理は
もっと安全な料理で行くのが帝石でしょ。」

「音楽の世界では
“Mugicians Mugician ”(ミュージシャンズ・ミュージシャン)という言葉があって、

"プロがプロを聴く”という言葉。」

「シェフの作る料理はまさにコレ」
「だから、一般受けはしないよね」

そんな、貴重な意見を
言ってくださるお客様もおられました。

当初の私はそんなお客様の助言は無視!(苦笑)

🎵〜〜〜〜〜continues〜〜〜〜〜〜〜🎵

でも、私もようやく、
大人のケツに着いた辺りかなと思っています。

大人になりました。

まぁ、意識をしなければ
個性は出てしまうくらいなので
抑えてるくらいが丁度いい。

いつでも異端児になれる準備は
あります(笑)

いつでも本領を発揮できます。
まだまだ老いていられません。

引き出しはいくらでもある。
カードは何枚でも切れる。

料理人の経験のない
なんちゃって評論家や
プロ向けの料理は作っていません。

同業者からは、
「コアンは変わっちゃったね。
一般受け狙ってるの?」
なんて噂が聞こえてきたりもしました。

まぁ、それはいつかまた
やりたいと思っています。

今は、あなたのためだけに
料理を作りたいのです。
感謝の心を込めて。

その感謝のカタチの一つとして
特典や優待券、フェアーなどがあるわけです。

しかし、こんな非常識な〜大丈夫なの〜?と
いつも感じているあなた!(笑)

安心してください。
非常識を常識に変えるために
腹をくくる覚悟がありますから

そのフェアー等を
いろいろと出し過ぎたため
今回まとめようと思います‼️

5月のプランはこちら↓↓↓
『ゴールデンウィークスペシャル企画』

この企画には3つの特典があります。

♦︎特典1つ目♦︎
5,500円相当の
スパークリングワイン(フルボトル)が
1杯分のお値段、
950円で飲めるのです。
ワイン好きのあなたなら
金券5,000分でもう一本飲めるやん!
と、お思いでしょう。

正解です!

もう一本いきましょう!(笑)

♦︎特典2つ目♦︎
コアン定番
お土産パウンドケーキが
バージョンアップ。

7種のドライフルーツ&ココナツバニラで
通常サイズ1,5倍の厚切りカットの4㎝!

♦︎特典3つ目〜金券〜♦︎

ランチご利用時、
1組様に2,000円券を

ディナーご利用時、
1組様に5,000円券を
金券としてプレゼントさせて頂きます。
これが♦︎特典最後の3つ目❗️♦︎

で、、

この金券は、
ご来店時にプレゼントさせて頂きます(^-^)
そして、それは、

ナント、、
当日ご利用頂けるのです❗️

ランチは一組2,000円券を一枚
ディナーは一組5,000円券を一枚
プレゼントしますので
どのコースをお選び頂いても使えます!

たとえば、、
2名様でご来店頂いて
12,500円のコースをチョイスしたら
5,000円券をご利用したらお一人様
10,000円です。

こういう事ですね↓↓
通常 12,500×2=25,000円
5,000円金券利用 10,000×2=20,000円
という事になります。

4名様以上なら金券を2枚差し上げます。
5,000円のおトク!という事になります❗️
そして、
たった950円(1杯分のお値段)でスパークリングワイン1本(フルボトル)が飲めるのです❗️

約10,000円のお得になるのです❗️

おわかりいただけましたでしょうか?

この『5月ゴールデンウィークスペシャル企画』は
5月30日(火)まで有効です。
メルマガゴールド会員のあなただけの
プランです。

(ご登録がまだのあなたはこちらをクリック
登録は無料です。やっぱりやめとこう〜と思ったらいつでも解除がボタン一つでできます^_^)
↓↓↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTrbGbnylT

ゴールデンウィーク中は
残席あとわずかです❗️

ゴールデンウィーク明けの
中旬〜下旬であれば比較的
お席に余裕がございます。

5月はすでに、
32名の会員様にご予約頂いています。

ご予約が予想以上に増えすぎると
お席のご用意が出来なくなり
お断りさせて頂く可能性もございます。

さらに、
おみやげのスペシャルパウンドケーキの仕込みが追いつかなくなり
他のものに代わるかもしれません(^^;

なので、
悩まれているのであれば
今すぐ、お電話、メールで
お席の確保だけでも
ご予約を頂けたらと思います。

かつてない、ウルトラ長文
最後まで読んで頂きありがとうございます❗️(^-^)

ご予約はこちらから↓↓↓

===========================
住所 兵庫県神戸市中央区熊内町
3-5-31 TSコート熊内101
Tel. 078-251-5056
Mail au-bon-coin@hotmail.co.jp
発行責任者 オーボンコアン  泉 昭一
============================
メルマガ登録はこちら↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTrbGbnylT