【あなたは誰と過ごしますか?(^-^)】


【新地、芦屋では満足しないあなたへ】

今日はいつもよりオシャレして

あなたの大切な人と過ごす、

非日常的な時間と空間。

お店に入る前に感じる、

心地良い緊張感。

お店のドアを開けると、

いつもとは違う素敵な空間…。

あなたはフランス料理と聞くと

どんなイメージがありますか?

フランス料理は嫌いじゃないし

雰囲気も好きだけど、

コースの途中でおなか一杯。

どうも最近は重たく感じて

外食は和食中心になっている。

一時期は、新地や芦屋で

フランス料理を食べていたし

美味しいんだけど、

最近は店をチョイスするとき

フランス料理はあまり選ばない。

行ったは良いが、

雰囲気で食べ進むけど

どうも満足感がない。

それよりも、

重いイメージが先行して

足が遠のいてしまっている。

どうせフランス料理を食べるなら

誰もが知っている、

最高級のお店に行けば

最高の空間だけは提供してくれる。

フランス料理は味よりも

高級感あふれる空間さえあれば

それだけで十分。

なんて思っていませんか?

もし、重くなく、

あなたの身体の事まで考えてくれ

しかも、雰囲気も良く

最高においしいフランス料理

そんなお店があったら

あなたは行ってみたいですか?

しかも本場フランスで修業した

オーナーシェフが

自ら調理して、

テーブルまで運んでくれる。

しかも、本格的なフランス料理なのに

なぜか次の日胸やけもせず、

コースを最後まで食べても重くない。

そんなお店があったら

あなたはどうしますか?

==============

バター、生クリームを使わない

新神戸フランス料理

オーボンコアンの泉です。

==============

フランス料理のシェフが

こんなことを言うのはなんですが、

こんな印象を持っている方も

多いのではないでしょうか…?

『フランス料理は重たい』

私はそう思われて

当然ではないかと思います。

だから私の作るフランス料理からは

重くなる原因の一つ

バター、生クリームは使わないんです。

============

私がバター、生クリームを

使わない理由

============

バターはそのまま

食べるものではなく、

生クリームも

そのまま飲むものではないからです。

当たり前ですよね~(笑)

ただ、フランス料理のレシピから

この2つをなくすのは

本当に大変な事なんです。

もちろん他のシェフも同じ様に、

バターや生クリームを

使わない様に努力はしたんです。

それでも、

排除できたシェフは皆無です。

フランス料理が重いと言うのならば

フランス料理の

調味料的な役割を担っている、

バターや生クリームですが、

私が作るフランス料理からは

できる限り徹底的に排除します。

=================

でも、おいしくなければ意味がない

=================

私はプロです。

あなたに料理を食べてもらう以上

バターや生クリームを使わず、

『重くないフランス料理』

が出来上がっても

おいしくなければ意味がありません。

あくまでも評価するのはあなたです。

食べてもらうあなたが

美味しいと感じなければ

意味がありません。

===============

光り輝く出汁(フォン)が命です

===============

当店のソースは、

バターを使っていないのに

ピカァ~っと光り輝いています。

仕込みの中で一番大変で

時間のかかる仕事です。

何度も何度も濾してして、

徹底して雑味を取り、

旨味だけを残す。

完成するまでに12時間かかり、

作業は深夜まで続きます。

7時間かけて取った物を

一度濾してから、

さらに2時間かけて煮詰めて

濃い出汁を取ります。

そして、更に濾す。

時間と手間もかかりますが、

一度にとれる量も減ります。

でも、ここまでしないと

あなたが笑顔になる

旨味がギューッと詰まった、

濃厚な出汁にはならないんです。

============

20年かけて作り上げた味

============

フランス料理は足し算の料理

和食は引き算の料理と

言われます。

フランス料理は何かを加えていき

味を複雑にして、

バランスをとっていく料理です。

和食は素材の繊細な味を

活かすために簡素な味付けをします。

私は20年前から

引き算のフランス料理はできないかと

考えてきました。

私はおいしいさだけでなく、

あなたの健康の事も考える、

健康で笑顔になる料理を作る‼

それが料理人としての仕事で

使命だと思っています。

だからこそ、

身体に本当に必要な物を

取って欲しい。

そしてたどり着いたのが

『バターと生クリームを

一切使わないフランス料理』

重くないフランス料理なんです。

==============

形にするのに10年かかりました

==============

始めたころは本当に難しく

美味しい物にはまるでならない。

あきらめようと思ったのも

1度や2度ではありません。

何十回、何百回と

試作を繰り返しました。

これならあなたを笑顔にできる。

重たいフランス料理とは

決して言われない。

『引き算のフランス料理』

おいしくて、身体にも良い物が

ようやく形になるまでに、

気が付くと10年も経っていました。

=============

お客様から届くくうれしい声

=============

今ではお客様からこんなことを

言っていただいてます。

一部ですが紹介させてください。

『やっぱりここだよな~

あちこち浮気してきたけど

落ち着くのはここの料理だよ』

『他のフレンチを食べると

どうしても重く感じて

次の日に残るけど

ここで食べたら残らない』

年配のお客様からは

『年を取ると、フランス料理は

コースでは量が多く、

最後まで食べる事がなかったけど

ここの料理はおいしくて重くなく

最後までペロッと食べちゃったよ』

こんな声が聴ける様になりました。

諦めずに頑張って来てよかった。

==============

おかげさまで13周年を迎えます

==============

多くのありがたい声に支えられ

おかげさまで9月で13周年を

迎えることになりました。

この13年間で多くの記念日や

お祝い、会食の素敵な時間を

当店で過ごしていただき、

たくさんの笑顔に支えられ、

13年間も営業することが出来ました。

星の数ほどある飲食店の中から

当店を選んでご来店いただく…

お客様との出会いを、

私は奇跡だと思っています。

大切な方と過ごす、

素敵な空間

いつもと違う贅沢な時間。

今日はいつもより

チョットおしゃれして…

そんな大切な時間を過ごすために

選んでいただき、ご来店いただく。

ご来店いただく時は

きっと、期待と不安がある。

大切な方の笑顔を想像し

当店を選んでいただいた奇跡。

そんな時間を忘れられない

あなたの歴史の1ページに

当店を入れていただける様…。

ーーーーーーーーーーー

お客様への感謝の気持ち

ーーーーーーーーーーー

当店はおかげさまで、

13年を迎えます。

ありがとうございます。

たくさんのお客様との出会いがありました。

どんな時でも、

私たちを見守ってくださいました。

いつもご来店して声を掛けてくださり、

元気をくれる、あの人。

「シェフ元気⁈しばらく行けてないけど、待っててや~」と、

いつも電話をくれるアニキ分の、あの人。

高級ワインをいつも持って来てくれて、勉強させてくれる

ジェントルマンな、あの人。

記念日には、いつも二人で幸せを分けに来てくれる、

いつもハッピーな、あの人。

毎月、大阪から車を飛ばして

神戸のお婆ちゃんを連れて

来店してくれる、孝行息子な、あの人。

まだまだ、書き足りないくらいのお客様が当店を

ず~っと、支えて来てくれました。

ありがとうございます。

書きながら涙が出そうです。

これからは、

私たちが恩を返して行きます。

お客様の人生がもっと

豊かに、幸せになるための恩を、、

恩を返させてください。

14年目もよろしくお願い致します。

==========

新たな奇跡を求めて

==========

当店にちょっとでも興味を持って

ここまで読んで頂いたあなたへ

私が20年かけて、

ようやく完成させた

『バターや生クリームを

一切使わないフランス料理』

体験しに来ませんか?

『重くないフランス料理』を

体験してください。

今回、クリスマススペシャルメニューとして

特別なコースを考えています。

ただ、あなたとの

奇跡の出会いのために、

今回ご用意できるお席が

限られてしまいます。

多くの方に、

当店を体験していただきたいのですが、

総席数24席、テーブルが 12 の

ひっそりと佇む隠れ家の様なお店です。

ゆったりと当店を楽しんでいただきたいので、

クリスマス期間中は

1日、6組組12名様だけのご案内になります。

【クリスマススペシャルコース】

『今しか食べる事ができない

《menu de Noël 2017》』

素敵な時間と、素敵な空間

究極の冬の味覚を堪能することができます。

最高級の食材ばかりを集めました。

今回限りの究極のコースを

ぜひ体験しに来てくださいね。

まだ、若干の空きがございます。

メニューラインナップはこちら!

↓↓↓

《Menu de Noël 2017》

★アミューズ

★ プリン“ロワイヤル” フォワグラと雲丹

★ ダブルコンソメスープ 鱈の白子ムニエル

“ドゥーブル・オルディネール”

(淡路産活アワビ添え¥1000up)

★ オマール海老とホタテ貝のチリメンキャベツ包み

マッシュルーム風味のアメリケーヌソース

★ ① 特撰宮崎牛のステーキ

② シャラン産仔鴨と和牛ほほ肉、

フォワグラの“スペシャルギフト仕立て”(¥1200up)

★ クリスマスデザート

ミロワール・ショコラサブレ

★ コーヒーまたは紅茶

¥12,800(税サ別)

ご予約は、お電話、メール、

メッセージにて

受け付けています。

では!

===========================

住所 兵庫県神戸市中央区熊内町

3-5-31 TSコート熊内101

Tel. 078-251-5056

Mail au-bon-coin@hotmail.co.jp

発行責任者 オーボンコアン  泉 昭一

============================