【非現実的な場所に、何が?】


🇫🇷新神戸フレンチ🇫🇷

オーボンコアンの泉です。

突然ですが、、

あなたは、

不便な場所に行きたい人ですか?

「ハイ!行きたいです!」

って素直に言えるあなたは

チョット変わってる人かも?(笑)

行きたい人はあまりいないと思います。

好き好んで誰も行かないですもんね(^^;

でも、不便な場所には何があるでしょうか?

「え⁈不便な場所って?どこ?」

「不便な場所には何があるの?」

「不便だから何もないでしょう⁈」

ですよね〜(笑)

不便な場所には通常

何もないですよね。

でも、

「不便な場所=非現実な場所」

とも言えます。

想像してみてください。

不便な場所、非現実な場所には

「自然」がありませんか?

あなたは自然が好きではないですか?

僕も好きです(笑)

自然がキライな人は

少ないと思います。

そんな不便な場所に行くには

時間も掛かりますよね?

その道のり、その道中って

楽しくないですか?

楽しいですよね〜〜♬

なぜ楽しいかというと

今まで見たことも、

通ったこともない道や景色。

その時間を、

大切な人や仲間と

なかなか目的地に到着しない道のりをも

楽しめる。

それも旅の、小旅行の楽しみです。

じつは、お店を開業する前に

勤めていたレストランは

六甲山頂にありました。

毎日、大阪から電車で神戸に通い、

パーキングにワゴン車を取りに行き、

中央市場まで行って、

食材を買ってから、

六甲山に向かいました。

通勤時間は毎日、3時間でした(笑)

仕事で、職場に行くのに3時間。

でも、一度も苦痛だと感じたことは

ありませんでした。

毎日、

同じ時間に電車に乗り

同じ時間に車に乗って

市場へ〜♬

という毎日を過ごしていました。

料理が好き、

毎日、市場で買い物をするのが好き、

そして何より、

毎日、車で六甲山に登る事が好きでしたから。

自然の山道を登っていると

季節を感じます。

秋には紅葉が素敵です。

緑が紅色に染められ、

秋の匂いにつつまれます。

イノシシもそろそろ出没する季節です(^^;

うりぼうはお母さんイノシシの後ろから

テクテクと付いて回る姿が可愛いです。

でも、運転にはくれぐれもご注意を。

春になれば桜が咲き乱れてます。

桜吹雪もあり車のフロントガラスに

桜がへばり付いたり🌸

ピンクの車に変身することも(笑)

夏になれば、紫陽花ですね。

青や赤の紫陽花が誇らしげに咲いています。

車窓をあけ、表六甲を走っていると

気持ちいいです!

山の中腹あたりになると

急に空気が冷たく変わる瞬間があります。

その瞬間が、何とも気持ちいいです。

そんな季節を毎日感じられる

幸せがありました。

都会に居ては感じられることはない

時間ですね。

こんな生活を

3年ほど続けました。

とても充実した時間でした。

料理人として

自然に恵まれた環境での生活は

すべて財産です。

今の自分に多大な影響をくれました。

自然に恵まれたことに感謝です。

3年間勤めたお店は

ログハウスのレストランでした。

カナダから直送した木で

建てられたログハウス。

こんなところに

こんなステキな空間があるなんて。。

初めて訪れたのは27才の時、

そこで、シェフを勤めたのが

33才からの3年間でした。

ログハウスの周りには

もちろん緑しかありません。

緑に囲まれたログハウス。

庭もあって、

そこでバーベキューパーティーを

したり、

テラスでは毎週のように

結婚式もありました。

夢のような空間での

毎日に感謝と感動ばかり。。

と、ここまではいいのですが、

恐ろしいこともありました。

キッチンの裏にデッキ(テラス)の

ようなものがあり、

そこはちょっとした物置スペースで

仕込み終わった食材を置いておくのに

もってこいの場所です。

そこに、ダシ用の子牛骨を20キロほど

置いていた時のこと。

ナント、出しっ放しにしたまま

忘れて帰ってしまった事が

ありました。

そして翌日、出勤してみると、、、

大きな骨が粉々になっていました。。(驚!)

カラスです。

カラスにやられてしまいました(泣)

なんと恐ろしいことか。

カラスのクチバシは強力なんですね。

で、

こんな事もありました。

美味しくできた

ラタトゥイユ(南仏野菜のトマト煮)を

デッキで冷ましていた時、

ふと、外を見ると

アライグマがラタトゥイユの上に

乗っかっていました!

こちらをキョロキョロと

気にしながら、

美味しそうに、しかも丁寧に両手で

すくい上げながら食べていました。

この時ばかりは

腹が立つ以前に

なぜか、可愛いと思ってしまいました(笑)

野生動物に

変に餌付けしたらダメなので

その後は、

近寄ってきたら、追い払うように。

「ゴメンね〜、お腹減ったよね〜」

なんて言って(笑)

六甲山の自然から

貴重な?経験をたくさんさせて

頂きました。

今までの料理人人生の中で

もっとも思い出の残る時間でも

ありました。

楽しかったです。

今回のイベントは

僕の古巣とも言える

六甲山のログハウスで開催します。

久しぶりの山でワクワクしています。

僕が一番楽しみにしているかもしれません。

梅雨時期ですが雨も好きです。

僕はロマンチストだから(笑)

梅雨の山に入ると

山の匂いが強く感じられるんです。

しんしんとした冷たく気持ちいい空気が

流れています。

もし、当日晴れていたら

あなたとスタッフと僕と一緒に

庭で野いちごを採りをしましょう。

そして

焼き菓子と紅茶をお庭で

いただきましょう!

きっと、楽しいです。

時間があれば、

15年前の僕のジョギングコースを

ご案内しますよ(笑)

覚えているか?

それとも、そのコースは

まだあるのか?は

知りませんが(^^;

あなたにこうして

書きながら

本当に楽しみになってきました。

今ならまだ

間に合いますよ。

お席に空きがございます。

キャンセルが多数出たので

逆に、ゆっくりとした空気感を

楽しめると思います。

あなたの心に近い

温かな時間をプレゼントできそうです。

楽しみにしていてくださいね。

イベントまで、あと4日です。

あまりたくさん時間がないですね。

六甲山は近くで遠い。

六甲山はいつでも行ける?

でも、、、

このイベントは、これで最後です。

僕は料理人人生の第2章を

スタートさせるために

このイベントを成功させたいです。

ぜひ、最後に僕に会いに来てください。

秘かに、一番楽しいひと時は

二人のシェフと、薬膳の新開先生や

当店専属フローリストの大村先生との

お話が楽しい時間になると思います。

このトークは、プライスレスです(笑)

あ、急遽、アンジェリカの大村先生が

お花を店内に飾ってくれることになりました!

なので4人のスぺシャリストによる

共演ですね!

では、山の上で会いましょう!

【詳細】

《薬膳フレンチフェスタ》

薬膳とフランス料理のコラボイベントです。

今回の薬膳テーマは

「6月の梅雨時期におすすめの食材」

薬膳の新開先生オススメの梅雨時期の

食材と効用を伺い、

それをもとにメニューを決めました。

①薬膳セミナー

②お料理教室

③フランス料理のフルコース!と

盛りだくさん。

とってもお得で、学び多い1日に

なること間違いなし!のイベントです。

お楽しみにお越しくださいませ

【開催日】6月24日(日)

【時間】10時半開場、11時スタート

【価格】15,000(税込)

【特典】庭で採れた木の芽ペースト

お土産コーナーでのお買い物もできます。

【場所】「六甲山のオーベルジュ・なあれ」

〒657-0101 兵庫県神戸市灘区 六甲山町北六甲4512−249

なあれホームページ

http://naare-rokko.com/restaurant/

なあれ食べログ

https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/hyogo/A2801/A280108/28041927/top_amp/

ご予約やお問い合わせは

オーボンコアンにお願いします。

申し込みフォームはコチラから

↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMxzphEv

これがオーボンコアン最後のイベントです。

泣いても笑っても最後のイベント。

最後にふさわしいイベントにします。

ですので、

ぜひ僕に逢いにきてください!

あなたと最高の想い出を

つくりたいと思います。

急いでスケジュール表を

確認してくださいね!

ご予約は、お電話、メール、

申し込みフォームからお願い致します。

申し込みフォーム

↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMxzphEv

初夏の六甲山は

とても気候が良く涼しいです。

では!

============================

住所 兵庫県神戸市中央区熊内町3-5-31

TSコート熊内101

TEL 078-251-5056

メール au-bon-coin@hotmail.co.jp

メール member@au-bon-coin.jp

発行責任者 オーボンコアン  泉 昭一

============================